スマートウォッチで健康管理する




スポンサーリンク




スマートウォッチに出来る事は主に、スマホをバックの中から取り出さずにできる操作機能と腕時計機能と健康に役立つ機能などがあります。

スマホをバックの中から取り出さずにできる操作には、スマホに掛かって来た電話の子機として出て通話をする事ができたり、送られてきたメールの確認をする事も出来ます。

それだけでなくスマホにインストールしたアプリを操作して使う事も出来るので、天気予報アプリを使って天気予報をみたり、SNSアプリを使ってコミュニケーションを取ったり、地図アプリを使って目的地までの道案内や電車などの交通手段も知る事ができます。

腕時計としての機能もあって、単に時刻を見るだけのデジタル表示のタイプや、高級時計や高機能時計と似たデザインのアナログ時計タイプや、気圧や水圧系などが付いた高機能タイプなど様々なデザインと価格帯の物が発売されていて腕時計の代わりとして使っている人もいます。

それ以外にも健康管理目的で利用する人も多く、そういったタイプのスマートウォッチには、血圧計や心拍計や万歩計などの計測器が内蔵されてます。

血圧計や心拍計や万歩計を単純に毎日の健康管理のために、計測して紙にデータを書き込んで健康管理をする人もいますが、スマートウォッチには健康サポートアプリが搭載されているものが多いです。

こういった健康サポートアプリを使って、計測する時間を設定して置けば、腕に付けておくだけで設定した時間に自動に血圧や心拍などの計測を行えて、何か月や何年単位でデータを保存しておいてみたい時に見れて便利です。

それ以外にも血圧や心拍などの様々な計測器を利用して、運動によるダイエットや睡眠管理やスポーツの練習などに使える便利なアプリがあります。

運動によるダイエットサポートアプリでは、ジョギングでの無理をして血圧や心拍が上がりすぎたら、負荷が掛かりすぎていると注意アラームで知らせてくれるなど様々な機能がついてます。

睡眠管理アプリでは、睡眠時に無呼吸が発生した時に腕に振動を与えて起こしてくれる便利機能があります。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク