七夕では毎年7月7日の夜に、願い事を書いた短冊や飾りを笹の葉に吊るして、星にお祈りをする習慣が残っています




スポンサーリンク




七夕は「たなばた」は古くから伝わる日本の行事で、一年間の重要な節句を表す五節句の内の一つに数えられます。

五節句とは、季節の節目を五つに定めて五穀豊穣や無病息災を祝う行事のことで、七夕の他には七草粥を食べる「人日の節句」や男児の誕生と健やかな成長を祝う「端午の節句」等があります。

いつからどのようにして始まったのかというのは数多くの節が存在しますが、元々が日本の神事である「棚機(たなばた)」と織姫と彦星の伝説、奈良時代に中国から伝わってきた「乞巧奠(きこうでん)」という行事が合わさって出来たものとされています。

棚機とは日本の古い禊ぎ行事で、乙女が着物を織って棚に供えて神様を迎え、秋の豊作を祈ったり人々の穢れを払うというものを指します。

選ばれた乙女は神様に捧げる為に心を込めて着物を織ることになりますが、その際に使用していたのが棚機という織り機というわけです。

この神事がやがて仏教へと伝わり、お盆を迎える準備として7月7日の夜に行われるようになったのです。

現在の七夕という二文字で「たなばた」と当て字で読むのは、このようなことが関係していると考えられています。

また乞巧奠(きこうでんとは中国で行われていた行事で、7月7日に織女星にあやかって織りや裁縫の腕が上達することを祈るという風習から生まれたものです。

初めは庭先の祭壇に針等の裁縫道具を供えて裁縫の上達をお祈りしていましたが、やがて芸術や書道等の上達を願うようになりました。

そして織姫と彦星の伝説は、一年に一度7月7日に天の川を渡って会う事ができるというものです。

琴座のベガと呼ばれる織女星は裁縫の仕事、鷲座のアルタイルと呼ばれている牽牛星は農業の仕事を司る星と考えられていました。

この二つを織姫と彦星に見立て、旧暦7月7日に最も光り輝いて見えることから中国でこの日を一年に一度の巡り合いの日とし、七夕にまつわる織姫と彦星の話が生まれたというわけです。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク