猫のおしっこ匂い消す方法




スポンサーリンク




猫はしつけに従いトイレのルールを守りますが、子猫や飼い始めばかりの頃は粗相をしてしまいがちです。

特に、布団のような水分の染み込みものは、一度粗相をすると何時までもおしっこ匂い感じが残ります。

匂いの原因はアンモニアなので、何度も繰り返し洗えば落ちますが、それでも染み込んだ部分は強力でしつこく匂う傾向です。

おしっこは人も動物も関係なく匂うものの、未去勢のオスは特に臭気が強いとされます。
その為、おしっこ匂いがついてしまったら、効率的な方法で匂い成分の分解を行い、早めに消すように対処することをおすすめします。

基本はやはり水を使った洗濯で、直ぐに洗って乾かせば大部分を落とすことができます。
また、シミが残りそうな時は浸け置きで対処できますから、洗えるものは水洗いがベストです。
しかし、布団や衣類は洗うことができても、室内に残ったおしっこ匂いまでは消せないのが難点です。
室内の問題に対しては、いわゆる消臭剤を使用して消すのが簡単で効果的だといえるでしょう。

中でも、バイオ系の消臭剤は匂いの分解作用に長けており、比較的安全で猫に優しいメリットもあります。

微生物の力を借りて匂い成分の分解を促し、少しずつ特有のアンモニアの臭気が薄まって行きます。

据え置きタイプは部屋全体の空気に有効で、部屋の何処にいても匂いが気になる場合に使えます。

逆に、粗相をした部分の匂いが気になるのであれば、スプレータイプのバイオ系消臭剤が狙い目です。

直接有効成分を吹きつけられるので、ピンポイントの消臭が実現します。
ただ、微生物は殺菌成分に弱いですから、既に殺菌力を発揮する消臭剤を使っているとしたら不向きです。

洗っても消臭剤を繰り返し使っても匂いが残る、そういう頑固なおしっこの匂いには、熱湯という強硬手段があります。

熱湯は雑菌だけでなく、様々な汚れや成分を分解除去するので、当然ながらおしっこ匂いの元凶のアンモニアも分解します。

消臭作用は強力ですが、生地に与えるダメージも大きいですから、実行する前には熱湯に適するか傷まないかなど、十分なチェックが必要です。

アンモニアはアルカリ性なので、酸性の液体に浸け置くと中和作用で分解されます。
クエン酸は割りと入手性が良いですし、掃除用として家庭に置いてあってもおかしくないです。

これを水に溶かし、おしっこ匂いが気になるものを浸け置けば、やがて気になる臭気は消えるはずです。

他にも、天然のデオドラント剤で知られるミョウバンを水に溶かし、スプレー容器で吹き掛ける方法もあります。
いずれも有効ですが、中には猫に付着すると好ましくないものもあるので、直接猫に使用することはやめましょう。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク