PTA役員に選ばれた時の注意事項




スポンサーリンク




PTA役員のメリット デメリットについて

PTAの役員になると同様に役員になった他の保護者の方と共に活動する機会が必然的に増加するため自然と知人が増え、様々な情報を得る事が可能になります。

特に1人目の子供を育てているという事例では、学校に通学している小学生の育て方や学校について知らない事が多いので、情報共有を行う事ができる方が増えるのは頼もしいです。

しかも、やり取りを行うのは保護者同士に限らず学校の先生達も例外ではないため、より一層多くの情報が得られる上に子供達を安心して学校に通わせられるきっかけにもなります。

こうしたメリットがある一方で理解しておくべき事は、生活の中にPTA役員としての役割が追加されるので時間の使い方が難しくなり仕事や外出の自由度が低くなる事です。

PTA役員のうまい断り方

PTAの役員を依頼されたものの断らなければならない時、小さい子供を育てている最中であるとお伝えすれば角を立てずに断る事ができます。

実際に幼稚園や小学校、中学校がPTAの役員に関して定めている規約の中に未就園児もしくは未就学児を育てている家庭からはPTA役員を選出しないという取り決めをしている事例もあるので、納得して頂けやすいです。

また、同様に育児という観点では既に妊娠していて数カ月後には出産を控えているという理由も断りやすい理由です。

妊娠中の場合は役員になったものの、程なくして出産のために役員業務が行えなくなってしまうため、妊娠中であるとお伝えすると配慮して頂けます。

さらに、高齢の両親の介護のために付き添い続ける必要があるという事や、自身の体調が思わしくないという理由も人間関係を良好にしながら断れます。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク