AAA 宇野実彩子について




スポンサーリンク




宇野実彩子さんは1986年7月16日に東京都江戸川区で誕生しました。

10歳年上の兄と8歳年上の姉がいて、この兄と姉の影響から幼い時から音楽やダンスに触れ合っていて、小学5年生の時にマイケルジャクソンの大ファンになり、この頃から英語の歌詞を覚えるため、英語が翻訳された西洋の漫画を読みふけるようになります。

そして小学6年生になると歌手のオーディションを受けるようになりますが、最初は不合格ばかりで学生生活を中心に送るようになります。

宇野実彩子さんは実際に自分が歌う側らなることを諦めましたが歌が好きという気持ちに変化はなく、中学3年生の時には本場のミュージカルを見たいという理由からイギリスに1ヶ月半ですがホームステイを果たしました。

このミュージカルを体感した感動から自分が歌って人々に感動を与えたいという気持ちが強くなっていきます。

高校生に入ると友人から、高校生になった初めての夏休みの記念からエイベックスのオーディションを受け、今度は高い成績を残して合格します。

ただし、ここでもレッスンを受けだして一年後に受けたアイドルグループのオーディションには落選しますが、二年目にAAAが結成される時にメンバーに抜擢されて女性のリードボーカルになりました。

歌唱力とダンスは幼い頃から練習を繰り返してきたことで定評がありましたが、それよりも注目されたのは演技力です

。最初はテレビドラマや舞台に出演していましたが、2006年にハリウッド映画の「呪怨パンデミック」に得意の英語と演技力から日本人プロデューサーが声をかけ、見事に女子高生のミユキ役で出演します。

ただ英語の発音が素晴らしすぎて、アメリカンスクールに通う日本人女子高生という役柄に合っていないという理由から、撮り直しが行われるという変わったエピソードを持っています。

それからはAAAのボーカルとして活躍すると共に、女優としても活躍の場を広げるようになりました。

2010年に多忙を極めたことでストレス性胃潰瘍になって体調を崩し、短期間で酷く痩せたことで周囲の人々は心配しました。

体調は戻りますが、この時の体験から自分の健康について強い意識を持つようになります。これは2015年に公認ファスティングカウンセラーの資格を取得し、女性のファスティングやライフスタイルに対する記事を雑誌に掲載するようになります。

幼い時の夢を努力で実現させ、その全てが高い評価を受ける宇野実彩子さんの、これからの活躍がとても期待できる女性です。

スポンサーリンク




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク